Rhino5: .NET Framework 4 よくある質問

Rhino5のインストール時に、「.NET Framework 4」に関連するエラーが発生することがあります。
解決方法につきましては、下記Q&A形式で記載しておりますので、エラー発生時にお役立てください。

Q1:HRESULT: 0xc8000222のエラーコードにより、.NET Framework 4のインストールに失敗します。

A1:Software Distributionフォルダにあるいくつかのファイルが破損していることが原因です。以下の手順を実行後、.NET Framework 4のインストールを再実行してください。
1) Fix_0xc8000222.zip をダウンロードします。
2) ZipファイルのFix_0xc8000222.batをフォルダに解凍します。
3) Fix_0xc8000222.bat(*)を右クリックし、管理者として実行を選択します。

(*) パッチファイルを実行すると、以下の作業が自動実行されます。
1) Windows Update Serviceを無効にします。
2) C:\Windows\SoftwareDistributionを削除します。
3) Windows Update Serviceを有効にします。

Q2:Rhino5のインストーラーが.NET Framework 4をまずインストールしてくださいと
表示し続けてRhino5のインストールが許可されません。
確認しましたが、.NET Framework 4は既にシステムにインストールされています。

A2:.NET Framework 4が何かしらの原因で、システム上で破損していると思われます。
以下の手順をお試しください。
1) .NET Framework Cleanup tool をダウンロードします。
2) Cleanup toolを実行します。
3) 製品の削除をするために、「.NET Framework – All Versions」を選択します。
4) [Cleanup Now]ボタンをクリックします。

5) コンピュータを再起動します。
6) Rhino5をRhino5 DVDからインストールします。
Rhino5のインストールDVDは、.NET Framework 4を最初にインストールした後、Rhino5をインストールします。
Rhino5評価版をインストールする場合は、Rhino5をインストールする前に、
.NET Framework 4フルバージョンをダウンロードして再インストールする必要があります。

Q3:Rhino5のインストール中に.NET Framework 4インストーラーエラーになります。

A3:Rhino5をインストールする前に、.NET Frameworkを修復する必要があります。
修復手順は以下の通りです。
1) Microsoft .NET Framework Repair Tool をダウンロードします。
2) Repair Toolを実行します。
3) [Finish]ボタンが出るまで、[Next]ボタンをクリックし続けます。

4) Rhino5のインストールを再度実行します。

 
参考: McNeel Wiki – Troubleshooting Installer Issues for Rhino 5