Rhino4.0:「ライセンスマネージャと通信できません」対処策(2)

Rhino4.0を起動した際、「ライセンスマネージャと通信できません」というメッセージが表示され、Rhinoが起動できない事象が報告されています。



この事象は、お使いのPCに、ライセンスマネージャファイルがインストールされていない、または、ご利用のWindowsの設定等が原因と考えられます。

本事象の詳細、並びに対処法につきましては、開発元こちらのページでご案内しております。
上記ページの解決策を、上から順にお試しください。
なお、Windows Vistaまたは7をご利用の場合は、こちらを併せてご参照ください。

 

開発元「”ライセンスマネージャと通信できない”エラーの解決」
Rhino4.0 – 「ライセンスマネージャと通信できません」対処策1
Rhino4.0 – 「ライセンスマネージャと通信できません」対処策3