Rhinoceros: アップデート、サービスリリースについて(1)

Rhinocerosで作業(起動も含め)を行っていて、「いつも通りの手順を行ったが、うまく実行されない」「IGESデータが開けない(または書き出せない)」「パソコンを変えたら、メッセージが表示されて起動できない」...等ありませんか?

その理由はさまざまですが、まず試していただきたいのが、お使いのサービスリリースの確認と最新版への更新です。では、サービスリリースとは一体どんなモノなのでしょう?

◆ サービスリリースは...
Rhinoの機能向上や不具合の修正を行うためのプログラムで、製品版をお持ちの方を対象に、無償でご利用いただけます。また、サービスリリースには、バージョンの番号が付いており、SR1(Service Release 1), SR3, SR5b と表記されています。

◆ どこで入手できる?
サービスリリースは、インストールプログラムとして配布されており、Rhino開発元Webサイトよりダウンロードできます。
Rhino5 サービスリリース
Rhino4.0 サービスリリース

◆ インストールの方法
サービスリリースは、”差分”のプログラムですので、Rhinoをアンインストールせず、そのままインストールします。
開発元Webサイトから、インストールプログラムを
パソコンのデスクトップ等にダウンロードした後、画像のアイコンをダブルクリックすると、
インストールプログラムが起動します。
※インストール前に、Rhinoを全て終了してください。

◆ 今使っているRhinoのサービスリリースが知りたい!
Rhinoのヘルプメニュー>Rhinocerosについて を実行します。

画像のウィンドウが表示され、赤マルのSR8, 2010/04/1が現在インストールされているサービスリリースのバージョンです。

また、Rhinoをお使いのPCがインターネットに接続されていれば、ヘルプメニュー>サービスリリースのチェック を実行すると、開発元サーバーにアクセスし、最新のサービスリリースを確認します。
画像の例では、現在使用中のRhinoは、
「1-Apr-2010」(SR8, 2010/04/1)が
インストールされており、
それが最新版であることを示しています。

また、Rhinoプラグインツール「Flamingo」「Penguin」「Bongo」「Brazil for Rhino」もサービスリリースが公開されています。
Rhino関連のアップデータのリンク先は、こちらをご覧ください。

Rhinocerosをアップデート、サービスリリースについて(2)