Mac版Rhino: ライノをフローティング運用 ~Zooの設定方法

Rhino for Macを、ライセンス管理ソフトウェア「Zoo」(*)を用いて、フローティング形態で運用する手順をご案内いたします。

(*) Zooは、ライセンスを一元管理して、フローティング化するソフトウェア(無償)です。Zooと同じネットワークに所属するPC間で、ライセンスを移動することができます。ライセンス移動先のPCに、Rhinoがインストールされていれば、どのPCでもRhinoを利用できます。(Zooに登録したライセンス数より多い台数のPCで、同時にRhinoを利用できません)

■ 必要な作業
・ Zooをインストール、ライセンスを登録(及びバリデーション)
・ Rhinoをインストール、利用方法を設定(「ネットワークノード」を選択

■ Zooを使用する際に留意いただく点
・ Zooは、Windows OS上でのみ動作(*)します。
・ Zooサーバー(Windows PC)が、Rhino for Macと同じネットワークに所属。
・ その他、Zooのシステム要件は、こちらをご参照ください
※ Zoo6は、Windows7以降、 Microsoft .NET Framework 4.5のインストールが必要です。

1. Zooのインストール
こちらを参照いただき、Zooのインストールを行ってください。

2. Zooにライセンスキーを登録、及びライセンスバリデーション
1) Zooを起動。
Windowsのスタートボタンから、「すべてのプログラム」をクリックして、「Zoo 6.0」フォルダーを開いて、
「Zoo 6」をクリックします。

2) Rhinoライセンスを追加。 Editメニュー>Add を実行します。

「Add License」画面の「Product type」ドロップダウンリストから、「Rhino for Mac」を選択。
名前、組織名、ライセンスキー(MR50で始まる英数字)を入力します。

必要事項を入力して「OK」をクリックすると、
ライセンスバリデーションの 画面「Welcome to License Validation」が表示されます。

3) ライセンスバリデーションのお手続き
こちらのページをご覧いただき、バリデーションをお手続きください。

3. Rhinoをインストール、及び「ネットワークノード」を設定。
こちらを参照いただき、Rhinoのインストールした後、上記ページの利用方法(「手順3」(2))を設定してください。

ライノ開発元Mac版Rhinoホームページ
Mac版Rhino よくある質問
Zoo5/Zoo6設定チェックリスト