Mac版Rhino: Pythonスクリプトエディタ-

Rhino 5 for Macは、Windows版Rhinoと異なり、Pythonスクリプトのエディターが用意されていないため、
Mac版のスクリプト編集には、Atom Text Editorを使用します。
 
ここでは、Atomエディターのインストール方法をご紹介します。
なお、Atomの詳細やお問い合わせは、Atom開発元WebサイトのDocumentation, Discussionを活用ください。(英語)
 
■ インストール手順(引用: Atom rhino-python
 
1. Rhino 5 for Macをインストール。
  ※ 評価版はこちらのページよりダウンロードできます。
 
2. Atomエディターを、こちらからダウンロード及びインストール。

3. Atomを起動後、Atomメニュー>Install Shell Commands を選択。

4. Rhino.Pythonパッケージのインストール
4-1. Atom設定画面を表示
Atomメニュー>Preferences を選択。
4-2. Settings画面左下にある、「Install」タブを選択。(画像①)
4-3. Install Packages画面の[Package]を選択。(画像②)
4-4. “Search Packages”に、「rhino-python」とタイプ入力して[Enter]を実行。(画像③)
4-5. 「rhino-python」のパッケージが見つかったら、[Install]をクリック。(画像④)

■ クイックスタート

1. Rhinoを起動。

2. コマンドボックスに「StartAtomEditorListener」とタイプ入力して[Enter]を実行。

3. Atomエディターを起動。

Rhino開発元(英語) – Rhino.Python 概要、はじめに、チュートリアル