Brazil for Rhino: よくある質問

ライノセラス用レンダリング作成プラグイン「Brazil for Rhino」について、よくお問い合わせいただく内容をご紹介します。

製品について

Q1:フラミンゴとの違いは何ですか?
A1:フラミンゴ同様、写真のようなリアルなCG画像を生成しますが、プロフェッショナル向けのレンダラーで、マテリアルや環境、光源等をより詳細に設定可能です。また、簡単な設定で素早くイメージを製作する”Simple Controls”モードも用意しています。ブラジルを使ったレンダリングのギャラリーは、こちらをご覧ください。

Q2:ブラジルは、日本語に対応していますか?
A2:操作画面、ヘルプとも英語表示です。
※ 日本語のチュートリアル(PDFファイル)をご用意しております。(Q6をご参照ください)

Q3:ブラジルの動作環境を教えてください。
A3:バージョン4.0以降のライノ上で動作します。(ライノセラス「4.0」「5.0」の動作環境に準拠します)

Q4:64ビット版ライノセラス5に対応していますか?
A4:サービスリリース2(SR2)以降のインストールが必要です。最新版の完全インストールプログラムは、こちらからダウンロードできます。

Q5:ブラジルの評価版(デモ版)はありますか?
A5:評価版は、弊社ウェブサイトよりダウンロードできます。
※ 評価版は、15日間すべての機能をお試しいただけます。
試用期限終了後は、レンダリング解像度が640×480ピクセルに限定され、レンダリング結果にウォータマークが入ります。

Q6:ユーザーガイドやチュートリアルはありますか?
A6:以下のチュートリアル(PDFファイル)をご用意しております。
Brazil 入門編
Brazilジュエリー編
また、英語となりますが、開発元ウェブサイトでは、レンダリングの高速化、マテリアルの製作方法についてもご紹介しています。

Q7:マテリアルやテクスチャのサンプルはありますか?
A7:開発元のブラジル専用サイトでは、上述のサンプルのほか、環境設定ファイルやHDR画像のサンプルが公開されています。

インストール、使用について

Q8:インストールの方法を教えてください。
A8: インストールの手順は、こちらをご参照ください。

Q9:「Zoo5」(Rhino5用)で使いたいが、設定の手順は?
A9: こちらのページをご覧いただきながら、設定を行ってください。
※ Rhino5サービスリリース6以降のインストールが必要です

Brazil for Rhinoの製品/機能紹介、ギャラリー