Bongo2: よくある質問

ライノセラス用アニメーション作成プラグイン「ボンゴ2」に関して、よくお問い合わせいただく内容をご紹介します。

▶ 製品について

Q1:ボンゴは、どんなアニメーションができますか?
A1:ライノで作成したモデルの移動・回転、拡大/縮小のほか、色や透明度といったマテリアル、またビューの視点を変えていくカメラ・アニメーションをライノ上で行うことができます。

また、ボンゴ2より、インバースキネマティクス(IK)エンジンを使用して、機械システムのアニメーションが作成できます。
ボンゴを使ったアニメーションのギャラリーは、こちらをご覧ください。

Q2:ボンゴは、日本語に対応していますか?
A2:操作画面、ヘルプとも日本語に対応しています。

Q3:ボンゴでレンダリングできますか?
A3:いいえ。アニメーションのレンダリングは、ライノの標準レンダラー、フラミンゴペンギン等、ライノ用プラグイン・レンダラーを使用します。また、ライノの各種表示モードを用いて、アニメーション作成できます。

Q4:ボンゴ2の動作環境を教えてください。
A4: ライノセラス5の動作環境に準拠します。※ ライノ5サービスリリース5b以降のインストールが必要です。

Q5:ボンゴ2の評価版(デモ版)はありますか?
A5:評価版は、弊社ウェブサイトよりダウンロードできます。なお、評価版は、インストールから15日間ご試用いただけます。

Q6:ユーザーガイドやチュートリアルはありますか?
A6:ヘルプ、開発元Webサイト(一部日本語)をご参照ください。また、アニメーションを設定したサンプルモデルもご用意しています。

▶ インストール、使用について

Q7:インストールの方法を教えてください。
A7: インストールの手順は、こちらをご参照ください。

Q8:ボンゴ2は、ライセンス認証が必要ですか?
A8:はい。インストール完了後、29日以内にライセンス認証を(ライセンスバリデーション)お手続きください。バリデーションの方法は、こちらのページでご案内しております。

Q9:ボンゴ1.0からのアップグレード方法は?
A9: アップグレードの認証は、ライセンスバリデーションの際に行います。※ あらかじめ旧バージョンをインストールしておく必要はありません。

Q10:「Zoo6」(Rhino5用)で使いたいが、設定の手順は?
A10: こちらをご覧いただきながら、設定を行ってください。※ Rhino5サービスリリース6以降のインストールが必要です。

Bongo2の製品/機能紹介プレビュー、ギャラリー