Bongo2: インストール方法

Bongo2 のインストール手順をご案内します。
※ 評価版も製品版と同様に、同じインストールプログラムを使用します。

◆ インストールを行う前に
Rhino5のインストール完了後にインストールを行ってください。
また、インストールを行う前にすべてのRhinocerosを終了してください。

◆ 旧バージョン(Bongo1.0)から アップグレードによるインストールの場合
ライセンス利用形態(スタンドアロン、ネットワークノード)問わず、以下と同じ手順でインストールを行ってください。
※ あらかじめ旧バージョンをインストールしておく必要はありません。
※ アップグレードの認証は、ライセンスの認証(ライセンス・バリデーション)で行います。
ライセンス・バリデーションの手順につきましては、こちらをご参照ください。

<操作手順>
1) インストールプログラムをダウンロード
こちらから「Bongo2」のダウンロードページを開きます。

ユーザー登録に使用するメールアドレス(管理者のアドレスを推奨)を入力し[次へ]をクリックします。

[異なる言語、プラットフォームを選択]をクリックし、Bongo操作画面で使用する言語、
プラットフォーム(32bit版または64bit版)を選択しダウンロードします。

※ インストールプログラムは、お使いのPC上(デスクトップなど)に保存してください。

2) インストールプログラムの起動
ダウンロードしたインストールプログラムをダブルクリックします。

※ 画像は2016年1月現在のプログラムです。

3) セットアップウィザードの開始
「Bongo2.0セットアップウィザードの開始」画面で[次へ]をクリックします。

4) 使用許諾契約書
使用許諾契約に同意しインストールを続ける場合は、「同意する」にチェックを入れ[次へ]をクリックします。

5) ユーザー情報
ユーザー名、組織名を入力し、ご利用のライセンス形態を設定後[次へ]をクリックします。

・ 評価版をご利用の場合:「評価版」を選択
・ スタンドアロンでご利用の場合:
「スタンドアロンノード(ライセンスはローカルに保存)」を選択し「CD-Key」を半角英数で入力
・ ネットワークノードでご利用の場合:
「ネットワークノード(Zooよりライセンスを取得)」を選択

6) インストール先フォルダ
インストール先のフォルダを指定します。変更しない場合は[次へ]を、
変更する場合は[参照]をクリックしフォルダを指定後、[次へ]をクリックします。

7) インストールの準備完了
インストールの準備完了画面で、[インストール]をクリックします。

8) セットアップウィザードの完了
インストールが完了しました。[完了]をクリックします。

◆ ネットワークノードでBongo2をインストールした場合
Bongo2を「ネットワークノード」でインストールした場合は、Zoo6に「CD-Key」(ライセンスキー)を登録する必要があります。
詳細については、こちらをご参照ください。

続いて、ライセンス・バリデーションが開始されます。
操作手順については、こちらをご参照ください。