CrossCad(クロスキャド)

異なるCADシステムのデータをダイレクトに変換したい方に最適です!

製品概要

特徴1:データ授受先のCADシステムがなくても、RhinoやSolidWorks上でデータ変換できます!
特徴2:保守契約に加入することで、常に最新版を利用可能!
CrossCadは、Rhinoceros5 もしくはSolidWorks等の3次元アプリケーションをプラットフォームとするプラグイン形式のデータ変換ツールです。様々な3次元フォーマットをプラットフォームに読み込んだり、プラットフォームで作成した形状データを他の3次元フォーマットに書き出すことができます。また、CAD システム側のメジャー/ マイナー・バージョンアップに対応するため、常にソフトが更新されています。
注;CrossCAD/plgは、旧DATAKIT各種トランスレーターで、プラグインで使用されるものに相当します。 旧トランスレーターのユーザー様は、CrossCAD/plgの保守を受けて頂くことになります。

CATIA V5 からSolidWorks へ

CATIA V5 から Rhinocerosへ

主な機能

プラグイン

CrossCad は、お持ちのCAD システムにプラグインさせて用いることにより、相手側のCAD システムを持たなくても読み込みが可能です。また、ACIS、Parasolid といった汎用フォーマットのためのトランスレーターも用意されています。

ライセンス購入について

ライセンスの購入に際し、3ヶ月間のライセンス保守費用を含みます。また、保守期間中は、 最新のプログラムに更新(ダウンロード)することができます。 さらに、常に最新のプログラムを継続的にご利用いただく為には、保守契約にご加入いただく必要があります。

ライセンス保守契約

購入時ライセンスの保守期間が終了後も、最新のプログラムへの更新を希望されるユーザー様は、 保守契約にご加入していただく必要があります。保守契約へのご加入は、購入時でも後日でも可能ですが、購入時の保守契約を過ぎてご加入される場合は、 無償保守が切れた時点までさかのぼってご加入いただく必要があります。
また、CrossCADを利用するコンピュータを変更する際には、ライセンスの再取得が必要となり、その場合保守契約に加入している必要があります。

評価版ダウンロード

3 日間使用可能な評価版がダウンロードできます(評価版の利用には仮ライセンスコードの取得が必要です)。


Rhinoceros 関連製品

 


SolidWorks関連製品

動作環境・価格

プラグイン製品を使用するアプリケーションの動作環境に準拠します。

■標準価格:CrossCAD価格表

製品のお求めは下記の各代理店様にお問い合せ頂くか、直接アプリクラフトへお問い合わせください。

・販売代理店一覧
・アプリクラフトサポート窓口
DATAKIT購入申込書