Akio Sasaki

佐々木 彰男 - DIGICRAFTER -

Works

Profile

東京都出身
早稲田大学文学部美術専修 卒業後、いすゞ自動車工業デザイン部にて117クーペ、ジェミニ、エルフ、GM共同開発車などを担当。

85年Gマーク受賞。
95年からAlias Wavefront アジア地区デザイン系マネージャーを経て、98年”the Design by Wire Firm”DIGICRAFTER Co.Lpを設立。

『カースタイリング』(三栄書房)144号よりデジタルデザイン記事を連載。
他に03年Maclean’s MagazineのCool cars 特集表紙イメージに選定される。国内外の 自動車会社、航空機内装メーカー、デザインモデル会社向けを中心として2Dスケッチ、3Dデータ作成などを行っている。

日本インダストリアルデザイナー協会、ACM SIGGRAPH 会員

Q&A

Rhinoを導入した理由

他に使っている3Dソフトとの親和性(同等の機能、操作性の類似、バグの少なさ、コストパフォーマンス)

Rhinoを使用するメリット

コマンドオプション設定がシンプルで明解。線と線に多少のギャップがあっても面が張れる事。多彩で高機能な入出力形式サポート。ユーザーが多く連係プレーが容易。豊富なプラグインソフトで機能拡張が可能な点など。

Why use Rhino?

I am an independent designer, then I need to power up my battle capability for my design work. Rhino seemed interesting.

Advantage of Using Rhino

I think the quality of design become much higher, because Rhino can go through the design process right before the production. I think the biggest advantage of using Rhino is, it depends on the working style, but that I can cover whole design process by myself. Also, Rhino is an effective sketch tool, which we can develop an idea with 3D thinking.