Koichiro Ohde

大出 耕一郞

Works

Profile

桑沢デザイン研究所卒

キッチンウェア、テーブルウェア、インテリア雑貨、医療器具などのプロダクトデザインを行っています。

(現在作品掲載の準備中です)

 

Graduated from KUWASAWA design school.

Designing products like kitchen tools, tableware, interior goods, and medical appearance.

(Now in preparation of reviewing the works)

Q&A

Rhinoを導入した理由

思考を妨げない直感的でシンプルなインターフェイスと柔軟且つ正確なモデリング。コストパフォーマンス。
簡潔且つ丁寧なヘルプ。ユーザーの皆様によるニュースグループと発売元による強力なサポート。

Rhinoを使用するメリット

才色兼備=初期のイメージスケッチから試行錯誤によるアイデアの展開、フラミンゴレンダリングによるプレゼンテーション経て、最終データの作成まで、デザインプロセスを強力に支えてくれます。
ビュー操作・解析ツール・断面ラインの抽出・シェーディング等により、全体のボリューム感から複雑な曲面形状の微妙なニュアンスまでを正確に把握しながらつくり込むことができます。
データの活用:RPモデルや金型のCAD・CAMへ、データの受け渡しがスムーズです。

その他

軽快なレスポンスと安定した動作:デザイン作業をMacから移行した導入当初はエントリーレベルのノートPCを使用してスケッチブック感覚で使用していました。
なれると便利なコマンドエイリアス:ウィンドウズ準拠のキーボードショートカットと競合せずにコマンドにすばやくアクセスできます。
画面を広く使うために自分に必要な最小限のツールのみをツールバーにまとめることができます。またツールボタンは、他のツールバーにリンクすることができますので、頻度の高いボタンから関連したツールバーを即座に呼び出しできます。
エンター、右クリック、スペースいずれかでコマンドを繰り返せるのは試行錯誤の多い場面では非常に便利です。
右ボタンドラッグによるビュー操作 そのままプレスすればショートメニュー(個人差があると思いますが...一日中グルグルとビュー操作を行った場合に、中ボタンに比べ、マウスを持つ腕や肩疲労が少ないようです。)
国内遠隔地の金型工場や海外のメーカーとのやり取りに際して、なれた相手先の場合は、Rhinoから出力したIGESファイルをメインに、寸法と注記を入れたスクリーンショット+簡単な仕様書によって金型加工から量産試作までの情報伝達をスムーズに行っています。

Why use Rhino?

The interface is simple and easy, not prevent thinking, and Rhino can model flexibly and perfectly.
The cost-effectiveness.
The help function is simple and careful.
The users news group is very active and supports by Applicraft are very helpful.

Advantage of Using Rhino

Having both "intelligence and beauty", Rhino supports strongly our designing process from the early step in image sketching, expanding the idea, presentation by Flamingo rendering, and through creating the final data.
Viewing operations, analysis tools, picking out the cross-section form, and shading supports us to model strictly while figuring out from the whole volume to the delicate nuance of complicated curved shape.
Utilizing data: To RP modeling or CAD/CAM system of the metallic mold, we can smoothly transfer the data from Rhino.

Others

Quick response and stable movement: in the beginning of using Rhino shifted from Mac, I used Rhino just like a sketchbook on the entry-level laptop PC.
The useful and convenient command alias: I can access the command without competing the Windows keyboard shortcut.
To use the window more effectively, I can gather only the basic tools in the toolbar. Also, I can link the tool button to other toolbar, so the relational toolbar is invoked at once from the high use buttons.
Repeating commands just with “; Enter" or"Right-click"or "Space" is very convenient through some try and error processes.
Viewing operations by dragging with right button is just able to use as the short menu. (It is varied between individuals.) But after operating the viewings round and round all day long, I feel less tired my arm and shoulder with moussing compared with the middle button.
I am communicating from the data of the die machining to the mass production trial, smoothly with outland domestic mold factory, or manufactures abroad, in cases they are accustomed, by the screen shot attached sizes and notes and the simple specs mostly of IGES file output from Rhino.